ゴルフのマナーについて

なぜマナーが重要なのか?なぜマナーが重要なのか?
ゴルフは一日の大半を同伴者と一緒に過ごすスポーツです。
その為、同伴者への気遣いが大切。
また、同伴者だけではなく、そのゴルフ場で過ごす、他のゴルファーへの気遣いも大切なのです。

プレーファーストについて

プレーファーストについてゴルフは自然の中で行うスポーツの為、日の出から日没まで多くのゴルファーがゴルフを楽しみます。
その為、プレー遅延が発生すると、最終組がプレーを途中で断念せざる負えない状況となります。
相手のことを気遣うスポーツとしてゴルフが「紳士・淑女のスポーツ」と言われる所以です。
レーサムでは7分刻みにスタートしており、1ホールPAR.4で約13~15分、9ホール2時間~2時間15分程度でラウンドできる設計となっています。
少し気にしてみてくださいね。

ラウンド時間を縮めるテクニック
  1. カートは早めにリモコンで進める。
  2. ティーショットは同伴者全員で行方を見るが、次の人はすぐ打てる準備をしよう。
  3. 過度な素振りや長いルーティンはしない。
  4. 同伴者同士で助け合う。(クラブの受け渡し、バンカーならし等)
  5. 1組の平均合計スコアは420以下になる様にする。
  6. ワングリップOKを。
  7. トラブルのあとは小走りで!
  8. クラブは2~3本持って移動しよう。
  9. 同伴者と「プレーファスト」を意識する。
  10. ショット後カートにすぐ乗り、次に打つ時、クラブを戻そう。
  11. グリーン周りは準備が出来た人から声を掛けて打ちましょう。

スタート時間について

スタート時間についてスタート時間をカート出発時間と思っている方がとても多いが、スタート時間にはティーグラウンドでいつでも打てる体勢にいる事を指します。
スタート時間の10分前にはスタートホールへ移動して、前の組を待ちましょう。
また、ティーショットはボールの行方は全員で見ていること。
ボール捜しは全員でしましょう。
5分以上捜さない様にO.B.の可能性があれば、必ず暫定球を打っておきましょう。

フェアウェイについて

フェアウェイについてショット時は慎重でも問題ないが、クラブの準備、アドレス、素振り等までが遅すぎる人が多いので、2、3、4打目は、初心者は一本では無く、数本クラブを持ってから、ボールの位置まで行くとスムーズにラウンド出来ます。
先ずボールの状況を見に行き、カートへクラブを取りに帰るということをせず、ボール探しの段階からクラブを数本もっていきましょう。
フェアウエーはだらだら歩かず、軽快に歩きましょう。
移動を早くする事で考える時間が増え、落ち着いてスイングできます。

グリーン上について

グリーン上についてグリーンにのったら、全員分のパターを持っていきましょう。
パットの順番が来てから歩測、ライン読み等を始める人が多いですが、自分の番が来る前に、他人の邪魔にならないように準備しておいて、番が来たらすぐにパットするのが基本です。
また、前後組との距離に気を遣い、前の組と離れない様にカップイン後は速やかにカートに乗りましょう。
後組に迷惑を掛けない様に自分でつけたピッチマーク(ボールマーク)は必ず直しましょう。
旗は出来るだけグリーンの外に置きましょう。グリーン上に置くときは音がしない様にそっと置きましょう。
グリーン上では足を引きずらない様に気を付けて歩きましょう。